県がレジオネラ症注意報を発令05年に入り既に6件の届出

2005/07/27の山形新聞 朝刊によると、山形県は26日に、レジオネラ症注意報を出したという。今年、医療機関からの届け出が6件に上り、過去3年間では、年間最多件数に既に並んでいるという。夏場に多い感染症のため、適切な予防を呼び掛けている。 県保健薬務課によると、今年の届け出は2月が最初で、7月に入って2件を数えた。患者は40代から70代のいずれも男性。 同課は「風呂の水は小まめに抜き、清潔に保つことが重要。腐葉土からの感染も報告されており、庭いじりの際にはマスクの着用を心掛けてほしい」としている。

記事掲載誌 山形新聞朝刊 掲載日 2005年7月27日 記事番号 705