レジオネラ属菌:平泉町・悠久の湯で検出–基準値超え、営業を自主停止/岩手

毎日新聞 地方版によると、岩手県平泉町の健康交流福祉施設「悠久の湯平泉温泉」の浴槽から、県の基準値を超えるレジオネラ属菌が検出され、同施設は自主的に営業を停止したという。同施設では02年にも基準値の約2倍のレジオネラ属菌が検出され、営業を自粛している。

記事掲載誌 毎日新聞地方版 掲載日 2005年7月16日 記事番号 701