空調設備からレジオネラ属菌こども療育センター/宮崎県

2005/07/13の朝日新聞 朝刊によると、宮崎県清武町木原の肢体不自由児施設「県立こども療育センター」(山口和正所長)が12日、屋外の空調設備の冷却水からレジオネラ奥菌が検出されたと発表したという。「入所者らへの感染の可能性は低い」というが、入所者や外来患者など約550人の健康調査をしている。 冷却水は霧状になって噴出されるが、周囲は人通りが少なく、施設内に水が入る構造でもないという。

記事掲載誌 朝日新聞朝刊 掲載日 2005年7月13日 記事番号 699