女湯でレジオネラ属菌湯来ロッジ使用停止

2005/07/09の中国新聞 朝刊によると、広島県広島市は8日、佐伯区湯来町の国民宿舎「湯来ロッジ」の女湯でレジオネラ属菌が検出されたと発表したという。市は同日から女湯の使用を禁止し、「利用した人で高熱、悪寒、下痢などの症状があれば医療機関に相談してほしい」と呼び掛けている。 男湯は異常がないため使用を続ける。 市経済局は、浴槽などの設備に付着していた菌が増殖したとみている。施設の清掃や消毒を徹底し、菌が検出されなくなったら使用を再開するという。

記事掲載誌 中国新聞朝刊 掲載日 2005年7月9日 記事番号 696