レジオネラ検出、知事公表が可能県議会に条例改正案/宮崎県

2005/06/24の朝日新聞 朝刊によると、宮崎県では、6月定例県議会が23日開会し、温泉で一定基準以上のレジオネラ属菌が検出されても業者が自主公表しない場合、知事が公表できるようにする条例改正案など28議案が提案されたという。 県有施設の管理を民間業者らに任せる「指定管理者制度」導入のための条例改正案も提案され、提案理由説明で安藤忠恕(ただひろ)知事は「行政改革の一層の推進を図りながら、独自性のある施策を積極的に展開する」と述べたという。

記事掲載誌 朝日新聞朝刊 掲載日 2005年6月24日 記事番号 692