日向サンパーク温泉が経営改善計画「来年度黒字を達成」=宮崎

2005/06/04の西部読売新聞 朝刊によると、宮崎県日向市は、第三セクター「日向サンパーク温泉」(社長・黒木健二市長)の経営改善計画書を発表した。約4000万円の債務超過に陥っているが、レジオネラ属菌集団感染後の再開以降、徐々に信頼を回復しており、来年度には温泉館と物産館を合わせた会社全体で、単年度黒字を達成する計画だという。 市は昨秋、中小企業診断協会県支部に診断を依頼し、経費節減や資金繰りの安定化、債務超過、生産性について指摘を受け、これを基に、改善計画を練ったという。

記事掲載誌 西部読売新聞朝刊 掲載日 2005年6月4日 記事番号 685