空衛学会/5月11日にレジオネラ対策シンポ、工学院大学で開催

2005/04/27の日刊建設工業新聞によると、空気調和・衛生工学会(空衛学会)は5月11日、東京・西新宿の工学院大学で「浴場施設におけるレジオネラ対策」をテーマにしたシンポジウムを開くという。定員200人。参加費は会員4000円、非会員6000円、学生2000円。 問い合わせは同学会事務局(電話03-3363-8261)へ。申込書はホームページ(http://www.shasej.org/)からダウンロードできるという。 ■演題と発表者(敬称略)■ ・「循環式浴槽設備の現状と問題点」=小川正晃(ユニ設備設計) ・「実験によるろ過器の性能検証」=中村勉(須賀工業) ・「ろ材の種類と洗浄効果」=縣邦雄(アクアス) ・「入浴による水質変化」=赤井仁志(ユアテック) ・「温泉泉室…増殖と消毒効果」=野知啓子(関東学院大学) ・「浴槽の形状と浴槽水の流れ」=市川憲良(首都大学東京)

記事掲載誌 日刊建設工業新聞 掲載日 2005年4月27日 記事番号 678