レジオネラ対策で11日にシンポ/空衛学会

2005/04/15の建設通信新聞によると、空気調和・衛生工学会は5月11日、東京都新宿区の工学院大学でシンポジウム「浴場施設におけるレジオネラ対策」を開くという。安全・防災委員会内の「浴場におけるレジオネラ対策小委員会」が2年間かけて調査・研究した活動成果を中心に、設計者、施工者、施設管理者、利用者など異なる立場から見た浴場施設の衛生管理に対する疑問や課題について、ディスカッション形式で理解と認識を深めるものだという。 テーマとして「循環式浴槽設備の現状と問題点」「実験によるろ過器の性能検証」「ろ材の種類と洗浄効果」「入浴による水質変化」「温泉泉質 増殖と消毒効果」「浴槽の形状と浴槽水の流れ」などを取り上げる予定。 参加費はテキスト代と消費税を含み会員4000円、非会員6000円、学生2000円。定員200人。 問い合わせは、同学会・電話03-3363-8261。

記事掲載誌 建設通信新聞 掲載日 2005年4月15日 記事番号 675