レジオネラ属菌に感染、入院中の男性が死亡–市立静岡病院/静岡

2005/01/14の毎日新聞 地方版によると、静岡県静岡市保健所は13日、同市立静岡病院に入院していた同市在住の男性(76)がレジオネラ属菌感染により肺炎を起こして死亡したと発表したという。感染源や経路は分かっておらず、同保健所は特定を急いでいるという。 男性は昨年12月22日に、貧血の症状を訴えて同病院に入院し、今年1月8日になって肺炎の症状が現れたため尿検査をしたところ、レジオネラ症にかかっていることが判明しし、12日になって呼吸不全などにより同病院で死亡したという。 市立静岡病院で死亡した男性は入院前に温泉などには入っていなかったといい、同保健所は家族から生活パターンなどを聞いて今後、詳しい原因を調べるという。

記事掲載誌 毎日新聞地方版 掲載日 2005年1月14日 記事番号 655