基準超すレジオネラ属菌宮崎のクアハウス・ジェスパ木花温泉/宮崎

2004/12/23の朝日新聞 朝刊によると、宮崎県宮崎市学園木花台南3丁目のクアハウス「ジェスパ木花温泉」で、最大で基準値の27倍のレジオネラ属菌が検出されていた、と同温泉を経営するプラム観光が22日に発表、健康被害は確認されていないが、同市保健所が電話(0985-29-5281)で相談を受け付けるという。 同社などによると、20日の同社の自主検査で、女湯打たせ湯で基準の27倍、男湯気泡湯で6倍、源泉で5倍の菌を検出。同日は休業のため21日から営業を自粛しているという。 温泉はいずれもかけ流し式のため、配管やタンク内で菌が発生した可能性が高いという。保健所の指導を受けた同社は、洗浄・消毒方法などの見直しを進めているという。

記事掲載誌 朝日新聞朝刊 掲載日 2004年12月23日 記事番号 650