県基準値を超えるレジオネラ属菌検出-高萩市総合福祉センターの公衆浴場/茨城

2004/12/19の毎日新聞 地方版によると、茨城県高萩市春日町の市総合福祉センターにある公衆浴場で、県の基準値を超えるレジオネラ属菌が検出されたことが18日、分かったという。利用者に健康被害はなく、浴場は安全が確認されるまで休業しているという。 市によると、浴場の男子浴槽から基準値の2倍のレジオネラ属菌が検出されたことが今月16日に判明し、県に報告するとともに、同日午後から休業したという。営業再開は来月以降になる見通し。

記事掲載誌 毎日新聞地方版 掲載日 2004年12月19日 記事番号 646