龍ケ崎の「湯ったり館」が営業再開/茨城

2004/12/10の朝日新聞 朝刊によると、茨城県では、レジオネラ属菌が検出され、11月30日から休業していた龍ケ崎市営温浴施設「湯ったり館」が、再検査の結果レジオネラ属菌が検出されなかったため、9日に営業を再開したという。市は一時的に残留塩素濃度が低下したことが原因と判断し、洗浄消毒を徹底、残留塩素濃度調節計を追加設置したという。

記事掲載誌 朝日新聞朝刊 掲載日 2004年12月10日 記事番号 641