浴場衛生管理の資格を

2004/10/19の北海道新聞 朝刊全道によると、北海道札幌市では21、22の両日で公衆浴場や温泉施設の衛生管理に携わる「入浴施設衛生管理者」の資格取得を目的とした研修会が開かれるという。 同管理者は、2002年に設立された民間非営利団体(NPO)法人「入浴施設衛生管理推進協議会」(事務局・東京、中島有二会長)が認定する資格で、中島会長ら講師5人が、レジオネラ属菌の基礎知識や浴槽の正しい清掃、消毒方法について講義するという。研修の最終日に筆記試験を行い、合格すれば同管理者に認定されるという。

記事掲載誌 北海道新聞朝刊全道 掲載日 2004年10月19日 記事番号 612