【最近の海外ニュース】バルセロナでの20例

スペイン北東部のカタルーニャ地方公衆衛生当局は、8月に起きたバルセロナでの男性20名、女性7名のレジオネラ集団発生は、4つのクーリングタワーが原因だったと発表した。発症者の年齢は45歳から83歳であり、8月19日現在、27名中15名が入院中で、除々に快方に向かっているという。

記事掲載誌 Legionella E-news 掲載日 2004年9月24日 記事番号 610