レジオネラ属菌など検出宮崎市営の温泉施設「加江田荘」、来月再開へ=宮崎

2004/09/15の西部読売新聞 朝刊によると、宮崎県宮崎市営青島自然休養村センターの温泉施設「加江田荘」(同市加江田)で、今年4月の自主検査で、国の基準を超えるレジオネラ属菌(男湯から基準(100mLあたり10個未満)の16倍、女湯から4倍)と大腸菌が検出され、休業している問題で、市は、10月初旬に営業再開する方針を決めたという。 現在、水質検査を行っており、17日に試験入浴を行う見込みだという。安全性が確認されれば、28日に対策会議を開き、営業再開日を決めるという。

記事掲載誌 西部読売新聞朝刊 掲載日 2004年9月15日 記事番号 584