浴槽からレジオネラ属菌、名古屋市の福祉施設(ピックアップ)

2004/08/04の日本経済新聞 名古屋朝刊 (社会面)によると、愛知県名古屋市は3日、市の福祉施設「名古屋市休養温泉ホーム松ケ島」(三重県長島町)の男性用浴槽から基準値の240倍のレジオネラ属菌を検出したと発表したという。女性用の浴槽からも同210倍のレジオネラ属菌を検出し、施設利用を停止したという。市は湯の循環装置の中で微生物が繁殖したことが原因とみて調べているという。

記事掲載誌 日本経済新聞名古屋朝刊(社会面) 掲載日 2004年8月4日 記事番号 558