レジオネラ属菌検出で、循環ろ過装置の素材交換–みちのく湖畔公園の温泉棟/宮城

2004/07/15の毎日新聞 地方版によると、宮城県の川崎町の国営みちのく杜の湖畔公園・オートキャンプ場「エコキャンプみちのく」の温泉棟で基準を上回るレジオネラ属菌が検出された問題で、同公園事務所は14日、温泉棟の循環ろ過装置の素材交換と、ろ過装置や配管などを塩素や過酸化水素で消毒する管理強化策を決めたという。 県仙南保健福祉事務所の指導を受けたもので、16日にも再検査を実施し、検査結果が基準値内との確認されれば、温泉棟の使用を再開する予定だという。

記事掲載誌 毎日新聞地方版 掲載日 2004年7月15日 記事番号 550