レジオネラ属菌:男性浴場から、基準の100倍検出–大阪・茨木の福祉センター

2004/07/03の毎日新聞 大阪朝刊によると、大阪府茨木市は2日、同市の施設「市立老人福祉センター南茨木荘」の男性浴場から、国の基準の100倍のレジオネラ属菌を検出したと発表したという。浴場利用者への健康被害は確認されておらず、市は浴場を使用禁止にし、聞き取り調査を進めるという。 同施設は今年4月の開所。浴場の利用は月〜土曜日の1日3時間で、毎日60〜70人のお年寄りが入浴している。市は浴場を消毒し、設備に問題がないかなどを調べるという。

記事掲載誌 毎日新聞大阪朝刊 掲載日 2004年7月3日 記事番号 545