長井の70代男性、レジオネラ症と診断/山形

2004/06/19の毎日新聞 地方版によると、山形長井市内の70歳代の男性が、ふらつきや発熱などの症状を訴え、レジオネラ症と診断されたと県保健薬務課より発表されたという。男性は川西町内の医療機関に入院中だが、容体は安定しているという。 男性はふらつきを覚えるようになった5月20日ごろ発症したとみられ、置賜保健所で原因を調べているという。

記事掲載誌 毎日新聞地方版 掲載日 2004年6月19日 記事番号 536