安全の温泉地へ自主検査や広報〓西伊豆町旅館組合が総会

2004/05/01の静岡新聞社 朝刊によると、静岡県西伊豆町の堂ケ島温泉旅館組合はこのほど、同町仁科の堂ケ島ニュー銀水で平成16年度定期総会を開き、旅館経営者など約40人が出席、事業計画の決定や役員改選などを行ったという。 加藤賢二会長は「安全のための規制が厳しくなってきたが、組合一体となって速やかに対応し、安全を売り物にした温泉地を目指したい」とあいさつした。役員改選では会長職、副会長職ともに現職の続投となった。本年度事業として、組合による自主的なレジオネラ属菌検査、検査結果の広報、ホームページなど新しいメディアを活用した宣伝、などに取り組むことを決めたという。

記事掲載誌 静岡新聞社朝刊 掲載日 2004年5月1日 記事番号 521