男湯大浴場から再びレジオネラ加江田荘を宮崎市が再検査/宮崎

2004/04/17の朝日新聞 朝刊によると、宮崎県宮崎市の市営青島自然休養村センター「加江田荘」(同市加江田)のかけ流し式温泉で、レジオネラ属菌と大腸菌が検出された問題で、宮崎市は16日、9日にサンプルを採取した再検査の結果を公表したという。2日に採取した最初の検査で検出が確認された3ヶ所のうち、女湯大浴場と男湯水風呂は陰性だったが、男湯大浴場で基準値の2倍のレジオネラが検出された。今後は、温泉の利用を中止した後に採取した湯で再度検査をするという。 相談窓口にはこれまで、計140件の相談が寄せられたが、保菌者は出ていないという。

記事掲載誌 朝日新聞朝刊 掲載日 2004年4月17日 記事番号 512