客船内レジオネラ感染、幹部2人を起訴猶予(ピックアップ)

2004/03/26の日本経済新聞 大阪朝刊 (社会面)によると、2002年12月〜03年1月、日本クルーズ客船(大阪市北区)の大型客船「ぱしふぃっくびいなす」の浴場で乗客がレジオネラ属菌に感染した事件で、大阪地検は25日、業務上過失傷害容疑で書類送検された同社の海務部長(60)と海務部次長(53)の2人を起訴猶予処分としたという。 被害者と和解したことや、再発防止策を講じていることなどが理由。

記事掲載誌 日本経済新聞大阪朝刊(社会面) 掲載日 2004年3月26日 記事番号 502