レジオネラなど、県の検査は陰性岩井の特養集団発熱/茨城

2004/03/20の朝日新聞 朝刊によると、茨城県岩井市の特別養護老人ホーム「ハートフル広侖」で、利用者らが集団で発熱などを訴えている問題で、発症者に対する19日までの県の検査で、レジオネラ属菌は陰性だったことがわかったという。また、発症した33人以外にさかのぼって調べたところ、2月19日から3月6日の間に、併設のデイサービスなどを含めた施設利用者42人に発熱などの症状が出ていたことがわかった。職員も7人発症していたという。高齢者で体の具合が悪い場合もあり、県はすべてが集団発症とは考えていないという。

記事掲載誌 朝日新聞朝刊 掲載日 2004年3月20日 記事番号 498