高千穂町営温泉きょうから営業再開レジオネラ属菌、基準値以下に=宮崎

2004/03/13の西部読売新聞 朝刊によると、国の基準を超えるレジオネラ属菌が検出された、宮崎県高千穂町営の天岩戸温泉は、安全が確認されたとして、13日から営業を再開するという。 健康被害を心配する利用者のために設置した窓口には、192人から相談が寄せられ、医療機関で検査を受けたうち、結果が判明した30人は、異常がなかったと発表したという。 今回は急に多くの利用者が集中したために、消毒が充分行き届かなかったことが原因と見られることから、今後の対策として、1日の入浴客が300人を超えた場合は、手動で塩素を注入して濃度を上げることなどを盛り込んだマニュアルを新たに作成し、対応していくという。

記事掲載誌 西部読売新聞朝刊 掲載日 2004年3月13日 記事番号 492