レジオネラ属菌対策「道後温泉の塩素消毒続ける」中村市長が議会答弁=愛媛

2004/03/12の大阪読売新聞 朝刊によると、愛媛県松山市がレジオネラ属菌対策として道後温泉本館などに塩素消毒を導入している問題で、中村時広市長は11日、「入浴者の安全を最優先に考えた。塩素以外で方法があれば検討する」と、当面は塩素消毒を継続する考えを改めて示したという。 中村市長は「事故の可能性が1%でもあるなら対策を講じるのが市の責務。事故が起きてからでは遅い」として、安全のために塩素消毒に踏み切ったとした。 塩素以外にオゾンや紫外線などによる殺菌方法もあるが、「塩素との併用が望ましいとされている」とし、「日本最古の温泉は同時に日本一安全であるようにしたい」と話したという。

記事掲載誌 大阪読売新聞朝刊 掲載日 2004年3月12日 記事番号 488