仁木の高齢者福祉施設*浴槽にレジオネラ属菌*被害なし*8日から臨時休館

2004/03/10の北海道新聞 朝刊地方によると、 北海道の仁木町は9日、北町一の町高齢者福祉施設・交流センター「いきいき88」の男子浴槽水から、国の基準値を超すレジオネラ属菌が検出され、8日から臨時休館したと発表したという。9日現在、感染症などの健康被害は確認されていないという。 町は、浴槽水の入れ替えやろ過装置の洗浄について「国の要領に基づき1週間に1回実施し衛生管理上の問題はない」と説明。休館中、配管の洗浄や高濃度塩素による消毒を行い、安全が確認されるまで営業を休止するという。

記事掲載誌 北海道新聞朝刊地方 掲載日 2004年3月10日 記事番号 486