遺族との示談成立レジオネラ属菌感染死問題山中町/石川

2004/02/14の朝日新聞 朝刊によると、石川県山中町の第3セクター「ゆけむり健康村ゆーゆー館」に入浴した男性(当時68)が03年1月にレジオネラ属菌に感染して死亡した問題で、同町は13日、「遺族と示談が成立した」と発表したという。 16日開会する町議会に損害賠償の額を1750万円とする専決処分案を報告する。 田中実町長は「この事故を受け、町の温泉関係の全施設を見直し、掃除を徹底、残存塩素量を細かく測定し、打たせ湯は使わなくするなど改善。遺族にも了解をいただけた」と語ったという。

記事掲載誌 朝日新聞朝刊 掲載日 2004年2月14日 記事番号 471