山形の男性がレジオネラ症/山形

2004/01/16の毎日新聞 地方版によると、山形県保健薬務課の発表によると、山形市内の80代男性が昨年12月27日に発熱や意識障害を訴え、医療機関での検査の結果レジオネラ症と診断されたという。県村山保健所は15日、男性が以前に利用した県内の旅館で風呂の湯を採取するなどし、原因を調べている。

記事掲載誌 毎日新聞地方版 掲載日 2004年1月16日 記事番号 458