第58回日本寄生虫学会東日本大会でレジオネラ関連発表

1998年10月24日に栃木県総合文化センターにて、第58回日本寄生虫学会東日本大会が開催され、レジオネラ関連では以下の発表がありました。「冷却塔水のレジオネラ属菌およびアメーバ類による汚染実態調査」石間智生〈sup〉1)〈/sup〉、縣邦雄〈sup〉1)〈/sup〉、河野源〈sup〉1)〈/sup〉、八木田健司〈sup〉2)〈/sup〉、遠藤卓郎〈sup〉2)〈/sup〉、今井壮一〈sup〉3)〈/sup〉1)アクアス株式会社 2)国立感染症研究所 3)日本獣医畜産大学なお当調査は、ヒューマンサイエンス振興財団が実施した「平成9年度ヒューマンサイエンス基礎研究事業」の研究課題として行ったものです。

記事掲載誌   掲載日 1998年1月1日 記事番号 419