石岡のレジオネラ問題新たに1人死亡感染1人増、患者合計41人に=茨城

2000.07.22読売新聞/東京朝刊によると、石岡市総合福祉センター「ふれあいの里石岡 ひまわりの館」 の共同ぶろ利用者が、レジオネラ菌に集団感染したと見られる問題で県は二十一日、感染の疑いが持 たれていた八十五歳の女性が入院先の病院で同日、多臓器不全で死亡したと発表した。 女性は先月十三日に施設を利用し同二十日に肺炎症状で入院、中症から症状が悪化していた。県の 調査では、この女性の血や尿からレジオネラ菌は検出されていないが、感染しても治療により、その後 の検査で、菌が検出されないケースもあるという。 また、県によると二十一日、医療機関から新たに六十五歳男性で感染確認者の届け出があった。これ で感染確認患者は十一人。疑いがある人も含めた患者合計は四十一人で、そのうち死者は三人。

記事掲載誌   掲載日 2000年7月22日 記事番号 389