清涼飲料水にレジオネラ菌鹿児島、自主回収【西部】

2000.07.26朝日新聞/西部朝刊によると、鹿児島県生活衛生課は二十五日、同県垂水市の清涼飲料 水製造会社「垂水池田温泉」(池田久美子社長)が五月に製造したミネラルウオーター「温泉水99」から、 肺炎などを引き起こす恐れがあるレジオネラ属菌が検出された、と発表した。県によると、菌はごくわず かで、人体に害がある量ではないが、消費者に飲まないよう呼びかけている。同社はこの製品を含め、五月以降に製造した三銘柄の自主回収を進めている。

記事掲載誌   掲載日 2000年7月26日 記事番号 388