ろ過装置製造業者など2社を家宅捜査-「ふれあいの里」レジオネラ菌問題/茨城

2000.08.05毎日新聞 地方版/茨城によると、石岡市が運営する総合福祉センター「ふれあいの里石岡ひまわりの館」の入浴施設の利用者からレジオネラ菌が原因とみられる肺炎患者が続出している問題で、県警捜査1課と石岡署は3、4日の両日、業務上過失致死傷のうたがいで、ろ過装置の製造会社など2社を家宅捜索、関係書類を押収した。捜査を受けたのは、ろ過装置を製造した和歌山市吉田の東和工業と、取扱商社の大阪市浪速区元町、長原産業の2社。設計図や発注書など、計60点の証拠書類などを押収した。

記事掲載誌   掲載日 2000年8月5日 記事番号 386