「神田山荘」の浴槽からレジオネラ菌安全確認まで休館/広島

2000.09.24 毎日新聞 地方版/広島によると、財団法人広島市原爆被爆者協議会が設置・運営している「神田山荘」=東区牛田新町1=の浴槽からレジオネラ菌が検出され、同山荘は23日から休館した。原因を究明し、安全が確認され次第、再開する。これまでのところ健康被害の届け出はないという。同山荘は、温泉を生かしたクアハウスが1998年12月にオープンした。全国的に入浴施設でのレジオネラ菌感染が問題になっていることから、先月、初めて同菌の有無を検査したところ、検査した九つすべての浴槽からレジオネラ菌の陽性反応が出た。

記事掲載誌   掲載日 2000年9月24日 記事番号 382