石岡レジオネラ問題被害者の会が市議会に陳情書=茨城

2000.11.17東京読売新聞によると、石岡市の総合福祉センター「ふれあいの里石岡 ひまわりの館」で発生したレジオネラ菌の集団感染問題で、重症患者らで結成した「市レジオネラ菌感染被害者の会」(友水弘忠代表)は16日、同市議会の海老沢通弘議長あてに陳情書を提出した。陳情書では、市に対して〈1〉感染者に対する賠償基準を明示する。〈2〉賠償額の算定をトンネルじん肺患者の和解金と同様にする。〈3〉施設再開は、原因究明が終わり、行政責任が明確になってからとする。など5点を要望している。

記事掲載誌   掲載日 2000年11月17日 記事番号 367