石岡・レジオネラ問題市長ら10%減給、遺族に3080万円賠償/茨城

2000.11.21毎日新聞地方版によると、石岡市の総合福祉センター「ふれあいの里石岡ひまわりの館」のレジオネラ患者集団発生問題で20日、同市の臨時市議会が開かれ、道義的責任を理由に、木村芳城市長ら四役の給与を来月から3カ月間、10%減額するとする議案が提出され、可決された。また、死者1人の遺族に損害賠償金約3085万円を支払うための補正予算案を可決した。同市によると、患者334人のうち和解が成立していないのは13人となった。

記事掲載誌   掲載日 2000年11月21日 記事番号 366