厚生省が公衆浴場における衛生等管理要領等について各都道府県に通知

2000/12/15 厚生省は、公衆浴場及び旅館業におけるレジオネラ症発生を防止するため、新たに策定した「公衆浴場における水質基準等に関する指針」に、初めてレジオネラに関する基準値を盛り込み「浴槽水中の菌数を10CFU/100ml未満」と定めた。併せて「公衆浴場における衛生等管理要領」も全面改正し、24時間以上完全換水せずに循環使用している「連日使用型循環浴槽水」について、気泡発生装置、シャワー、打たせ湯、ジェット噴射装置への使用を禁止した。

記事掲載誌   掲載日 2000年12月15日 記事番号 364