フォード2度目のレジオネラ症

2001/06/13 Legionella E-newsによると、4月4日フォード自動車の作業員が破裂したパイプの修理をした後、発病した。パイプはミシガンのディアボーンにある、フォードリサーチエンジニアリング総合センターへ池の水を運ぶものであった。1名がレジオネラ症である事が確認され、もう1名がレジオネラ菌に対し高い免疫抗体がみられた。現在は両名とも仕事復帰している。 情報源:デトロイトニュース

記事掲載誌   掲載日 2001年6月13日 記事番号 344