ラスベガスリゾート滞在客から3人のレジオネラ症

2001/08/23 Legionella E-newsによると、クラークカウンティ保健局(米ネバダ州)より、ラスベガス・タイムシェアリゾートに滞在していた3人がここ数ヶ月でレジオネラ症に感染したと報告あり。最初の患者が2月で最も新しい患者が6月であった。3人の患者全てが治療を受け回復している。1名の患者から検出された菌が保管され試験された。ウォーターヒーターと屋上のスパからレジオネラ属菌が検出され、これらの環境から検出された菌の菌種と患者から検出された菌の菌種が一致することを保健局が発表した。不動産所有者は、菌が検出されたウォーターヒーターを供給しているフロアーを自発的に閉鎖し、300人の滞在客を転居させた。保健局によると、3人がリゾート地滞在中にレジオネラ症に感染したがどうか断定するには証拠不充分である。 情報源:AP通信

記事掲載誌   掲載日 2001年8月23日 記事番号 336