15人、レジオネラ症感染か宮崎・日向【西部】

2002/07/26朝日新聞 朝刊によると、宮崎県保健薬務課は25日、同県日向市の50代の男性が レジオネラ症に感染、30〜70代の男女14人にも感染の疑いがあり、15人とも入院したと 発表した。いずれも、同市などが出資する第三セクター「日向サンパーク温泉」(社長・山本孫 春日向市長)を利用していた。同温泉は26日から営業を自粛する。 同課によると、50代の男性は9日に同温泉を利用して発熱したため18日に入院し、感染が確 認された。同温泉の浴槽水からもレジオネラ菌が検出された。ほかの14人からは検出されてい ないが、発熱やせき、食欲不振などレジオネラ症とみられる症状が出て入院。うち1人は退院し た。60代の男女2人には意識障害があったという。 同温泉は今月1日にオープン。23日までに約2万人が利用した。

記事掲載誌   掲載日 2002年7月26日 記事番号 292