宮崎のレジオネラ症感染・業界の対応、懸命「安心」アピール経営者も自治体も緊張

◇二の舞いイカン 2002/08/14毎日新聞 西部夕刊によると、宮崎県日向市のレジオネラ症集団感染は、重症者の死亡が相次ぎ、疑いを含む感染者も広がりを見せている。事態を重くみた各地の銭湯や温泉は施設の洗浄の徹底や安全性をPRする張り紙を出すなど対応に追われている。 ◇行政も緊急指導 福岡県生活衛生課は7日、県旅館ホテル生活衛生同業組合(約450店加盟)と県公衆浴場生活衛生同業組合(約130店加盟)に「入浴施設等における衛生管理の指導徹底について」と題した文書を配布、注意を呼び掛けた。

記事掲載誌   掲載日 2002年8月1日 記事番号 267