*レジオネラ菌自主検査6施設で基値超す/長崎*

2002/09/18の毎日新聞によると、県は17日、循環式浴槽がある公衆浴場や旅館・ホテルによるレジオネラ属菌の自主検査で、6施設が基準値を上回っていたと明らかにした。県は市の保健所がある長崎、佐世保両市以外で循環式浴槽を持つ公衆浴場、旅館・ホテル計202施設についても今週中にレジオネラ属菌の検査をするという。 県議会一般質問で一瀬修治・県民生活環境部長が答えた。両市以外にある41施設が自主検査を実施、27施設の結果が判明した。基準値を超えた6施設の中で最高は基準値の1100倍。県内の男性が死亡した鹿児島県内の施設では1万3000倍の菌を検出している。 県は6施設に衛生管理の改善と再検査を指導している。また、公衆浴場など以外に循環式浴槽を持つ福祉・医療関係の281施設に対して自主検査を要請している。

記事掲載誌   掲載日 2002年9月18日 記事番号 242