*レジオネラ検出、指針値の1300倍も福岡市が検査/福岡

2002/10/25の朝日新聞朝刊によると、福岡県福岡市は24日、市内の公衆浴場や旅館、高齢者施設など48ケ所の循環式浴槽の水から、厚生労働省の指針値を超えるレジオネラ菌を検出したと発表した。患者発生の届け出はないが、指針値の1300倍の菌が検出された旅館もあった。 公衆浴場109ケ所のうち30ケ所、旅館25ケ所のうち9ケ所、高齢者施設75ケ所のうち7ケ所、療養型病院16ケ所のうち2ケ所で指針値以上の菌を検出した。宮崎県日向市で7月に起きたレジオネラ菌集団感染を受けて、8、9月に計225ケ所を調べた。 市は、菌が出た施設に対し、浴槽の水を換えるほか、清掃消毒を徹底するようにした。その結果、これまでに再検査した28ケ所では菌は検出されなくなったという。

記事掲載誌   掲載日 2002年11月25日 記事番号 224