*厚労省、レジオネラ対策の解説ビデオ配布【西部】

2002/10/31の朝日新聞夕刊 によると、宮崎県日向市で7人が死亡したレジオネラ菌集団感染を受けて、厚生労働省は、公衆浴場などのレジオネラ菌対策を解説したビデオを制作し、都道府県などに配布することを決めた。全国で相次ぐ集団感染は、厚生労働省の対策マニュアルが読まれていないことが一因とみて、浴場従業員の研修用にビジュアルな資料を作ることにしたという。 厚生労働省生活衛生課によると、ビデオは同課が行った「レジオネラ症防止対策マニュアル」の解説を基に約1時間に編集し、湯の交換や塩素消毒の方法など、循環式浴槽の衛生管理の要点を図やグラフを交えて説明している。全国の保健所担当者を集めて9月30日に開いた会議で、各保健所を通じて、温泉施設や旅館にも複製を配り、従業員への対策徹底に利用してもらうということだ。

記事掲載誌   掲載日 2002年1月1日 記事番号 223