*日向市、レジオネラ菌で死亡遺族に対し週明けに補償額提示/宮崎

2002/12/13の朝日新聞朝刊によると、宮崎県日向市は12日、「日向サンパーク温泉」のレジオネラ菌集団感染で死亡した7人の遺族に対し、週明けに補償額を提示する方針を明らかにした。自動車事故の自賠責保険の基準を中心とした内容になる見込み。 市の被害対策室などによると、補償額については、全国市長会を通じて契約している損害保険会社と協議して算定した。市議会の承認が必要になるが、開会中の12月議会(19日まで)には間に合いそうにないという。 市によると、12月10日現在で、感染者や検査を受けた人など、死者を除く1318人の補償交渉の対象者のうち、1272人と示談が成立している。

記事掲載誌   掲載日 2002年12月13日 記事番号 177