石川の第3セクタ-温泉施設、レジオネラ属菌で男性死亡。

2003/02/04日本経済新聞西部夕刊 によると、石川県は3日、同県山中町で、第3セクターの温泉施設「ゆーゆー館」に入浴した同町の男性会社員(68)がレジオネラ属菌に感染し、死亡したと発表した。県によると、この男性は先月16日午後6時半ごろ、男風呂の大浴場の浴槽内で意識不明で沈んでいたのをほかの客が見つけ引き揚げた。その後意識を回復し、自分で帰宅したが、翌日から高熱を発し、入院した。23日朝、肺炎のため入院先の病院で死亡した。男性のたんからレジオネラ属菌が検出された。県が採取した浴槽の水からも国の指導基準(100mL中10個)の26倍の菌が見つかり、DNA鑑定の結果、同一と判明している。

記事掲載誌   掲載日 2003年2月4日 記事番号 170