レジオネラ症防止対策講習会浴場経営者ら約400人が受講/静岡

2003/02/05の毎日新聞地方版によると、静岡県熱海市内の旅館業者や公衆浴場経営者を対象にしたレジオネラ症防止対策講習会が4日、市観光会館で開かれ、約400人が受講した。レジオネラ属菌は入浴施設で集団感染を引き起こしているだけに参加者も真剣そのものだった。 講師はアクアス株式会社つくば総合研究所の縣邦雄・副所長で、正しいろ過システム、ろ材の種類による管理方法、塩素の有効性などを詳しく説明した。 同市では昨年暮れからレジオレラ属菌の検査費の3分の1(上限3000円)を補助する制度をスタートした。1月末までに120軒がこの制度を利用して検査を行ったが、異常は報告されていない。

記事掲載誌   掲載日 2003年2月5日 記事番号 169