雇用環境改善などソフト事業中心–県の新年度当初予算案/鹿児島

2003/02/18の毎日新聞地方版によると、厳しい財政事情のなか、県の03年度一般会計当初予算案は、雇用環境の改善や、県民に関心が高まっている食と健康の問題など、ソフト面に重点をおいた事業が中心になったという。その中で「レジオネラ症防止緊急対策事業」には4000万円の予算が組まれた。内容は保健所への監視指導員の配置、測定機器を整備など。また、浴場経営者などが施設改修をした場合、改修費の借入金の利子を補助する制度も拡充する。

記事掲載誌   掲載日 2003年2月18日 記事番号 155