厚労省がレジオネラ症予防へ指針老人福祉施設にも指導

2003/05/11の東京読売新聞 朝刊によると、厚生労働省は、レジオネラ症対策で、これまで感染予防に関する法律上の規定がなかった老人福祉施設や船舶の入浴施設にも十分な予防策を講じるように指導するため、感染症法に基づく技術指針を作った。指針を順守するよう、国が老人福祉施設などに通知する方針だ。 指針では、レジオネラ属菌が繁殖しないような入浴施設の構造・設備や維持管理上の措置が必要とした上で、浴槽水の換水方法やろ過装置の消毒、清掃など必要な対策を挙げている。

記事掲載誌   掲載日 2003年5月11日 記事番号 127