レジオネラ防止に5浴槽を休廃止へ日向市/宮崎

2003/05/31の朝日新聞 朝刊によると、宮崎県日向市は30日、レジオネラ属菌集団感染が起きた第3セクター「日向サンパーク温泉」の施設改善について、14ある浴槽のうち5ケ所を廃止・休止する方針を明らかにした。 市によると、廃止するのは「エスベッド」(寝湯)と「エステ浴槽」(立ち湯)。循環させた湯をあふれさせる「オーバーフロー」ができない構造のためだという。浴槽は撤去し、跡地は休憩スペースにする。 また、円形の「ジャクジー」(泡風呂)は大浴槽に隣接する壁を取り払い、大浴槽と一体化させる。2ケ所ある「多目的風呂」の露天風呂は、それぞれ休止する。

記事掲載誌   掲載日 2003年1月1日 記事番号 114