「衛生と安全第一に」日向市第3セクター温泉、島津氏が施設長に/宮崎

2003/06/03の朝日新聞 朝刊によると、宮崎県日向市は2日、昨年夏にレジオネラ属菌集団感染が起きた市の第3セクター「日向サンパーク温泉」の施設長に、延岡市の第3セクター温浴施設の元支配人、島津理(おさむ)氏(56)を採用した。就任にあたり、島津氏は「衛生と安全を第一に、失われた信頼の回復に努めたい」と抱負を述べた。 日向市役所で山本孫春市長から辞令を受け取った島津氏は、「集団感染は重く受け止めている。安全への信頼を取り戻し、再開に力を尽くしたい」とも話した。 今後の見通しについては、「設備も自然も立派で、日向を代表する施設。お客さんは間違いなく帰ってくる」と自信を見せる一方、「財務関係の数字をまだ見ていないが、資金が不足しないようにするのが当面の課題だ」と述べ、経営状態への厳しい認識を示した。

記事掲載誌   掲載日 2003年6月3日 記事番号 112